Ubuntu 14.04 に Oracle Java をインストールする

プログラムのイロハを教えてくれたのは Java です。ということで、Ubuntu 14.04 に Oracle Java をインストールします。普段は OpenJDK でいいじゃん!と思ってるわけですが、Android Studio 入れてみたら、Oracle Java を使ってねとやんわりお願いされたので久々に Oracle Java 導入です。

スポンサーリンク




Oracle Javaのインストール

Ubuntu の Help を確認すると、ppa で入れろとのことです。最近はなんでも ppa で入ってしまいますね。

$ sudo add-apt-repository ppa:webupd8team/java
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install oracle-java8-installer

image

ライセンスの確認をされるので、 accept します。image

oracle-java8-installer のインストール時の提案パッケージとしていくつかフォントを指定されたので、こちらも一応入れておきます。

$ sudo apt-get install binfmt-support visualvm ttf-baekmuk ttf-unfonts-core ttf-kochi-gothic  ttf-kochi-mincho

以下は指定されたけど、パッケージのなかったものです。

  • ttf-unfonts
  • ttf-sazanami-gothic
  • ttf-sazanami-mincho
  • ttf-arphic-uming

無事 Oracle Java インストール完了です。

$ update-alternatives --list java
/usr/lib/jvm/java-7-openjdk-amd64/jre/bin/java
/usr/lib/jvm/java-8-oracle/jre/bin/java
スポンサーリンク







  • このエントリーをはてなブックマークに追加